空室を埋めるためのマンスリー化

subpage01

賃貸マンションを購入して経営を始めるとあっという間に満員御礼になって良いスタートを切れることはよくあります。

初めてマンション投資をしようと考えたときには用意周到になっていて、マンション選びにも十分に時間と労力を費やし、これなら稼げると思ったものを手に入れているでしょう。入居者の募集を行ってくれる不動産会社選びにも慎重になり、確かに信頼できる会社を選んで成功する人が多いのです。

しかし、年月が経つとマンションも古くなるものであり、入居者が減ってきてしまうことは否めません。
空室を埋める必要が生じたときには様々な戦略を立てて対策することができますが、状況に応じて適切な方法を選ばないと改善は見込めないでしょう。


その際の選択肢の一つとしてマンスリー化を検討してみるのは賢明な考え方です。一般的な賃貸マンションの一室から数室をマンスリーマンションに切り替えて経営をすると空室を埋められる可能性があります。その地域での需要の調査を行ってみることが大切ですが、自分の経営しているマンションの間取りをまず考えてみましょう。
その間取りの部屋に住む候補になる人からの需要があるのかを調べてみるのが大切です。
賃貸情報を集めて同様のマンションの部屋が売れ残っているなら供給過剰になってしまっています。
そのときには家賃を下げるなどの対策と並んでマンスリー化が対策になるのです。賃貸マンションとしての需要はあまり高くなくて空室が目立つようになってしまっていても、同じ部屋がマンスリーマンションになることによって需要が大きく変化します。家具や家電が準備してあってすぐに住むことができ、数週間から一年程度の滞在ができるとなると魅力を感じる人も多いのです。単身赴任で利用する人をターゲットにすることが多いのがマンスリーマンションでしょう。

しかし、賃貸マンション探しをするための一時的な住まいとして利用する人、長期的な旅行のために手配する人、病院や介護の付き添いの目的で借りる人など、様々な形で需要が高まっているのがマンスリーマンションの現状です。
間取りもワンルームや1K、1LDKといったものに限らず、二人から四人程度の夫婦や家族を対象とする部屋であっても問題はありません。

その地域に競合相手が少ないなら、数部屋だけでもマンスリー化させてみると良いでしょう。需要はあるのに存在していなかったという状況であれば、すぐに借り手が見つかって空室が埋まります。


賃貸マンションに比べると出入りが激しいので入居者の募集に手間はかかりますが、管理会社に任せてしまえば大きな負担にはならないでしょう。

むやみに空室が増えてしまうくらいならマンスリーマンションにしてしまおうという気持ちで選んでみると、意外に収益が大きくて他の部屋もマンスリー化しようという結論になる場合すらあります。

入居者を少しでも確保するための対策としてマンスリー化に注目しておきましょう。

浜松空室のいろいろな情報を集めました。

今話題の銀座永久脱毛の口コミは人気のテーマです。

浜松でのリノベ賃貸について悩んでいませんか。

浜松でリノベーション賃貸の情報を集めました。



https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7176336.html

http://smany.jp/11261



関連リンク

subpage02














貸し工場を活用する事で得る事が可能な利点とは

会社が新たな商品の開発を済ませ、発売に踏み切るためには、その新商品を大量に製造するための工場が必要になります。その際、新たな自社工場を建設してそこで製造するという方法がまずは考えられます。...

NEXT
subpage03














会議室を取る際の注意点

会議室を取る際の注意点についてお話します。仕事で会議を開くことは日常茶飯事です。...

NEXT