中古物件をリノベーションーションする

subpage01

新築の住宅も年月が経つと老朽化してきます。汚れが取れなくなったり、色あせるなどの見かけの問題だけでなく、新しい機能の設備がどんどん出てくる中、機能的にも古く不便を感じることもあります。


かつて住宅の建築ラッシュといわれた時代からも30年以上経過し、解体して新しく建てるには費用が掛かりすぎるので無理があるとしても、老朽化してきた住宅を新築の時のように壁や床をきれいにしたり、キッチンやお風呂、トイレなどの設備を新しいものと入れ替えるなどの「リフォーム」を検討したり、また実際に行っている住宅がたくさんあります。

人が住んでいる住宅だけに限らず、店舗にしていても、たとえ倉庫として使っていても建物は皆、時間の経過とともに老朽化してきます。

特に外壁や屋根など雨風にさらされる部分は早く傷んでくるので10数年に一度くらいで塗り替え工事をすることが理想的ともいわれています。

さてこのように、もともとある住宅の壁や床、設備の入れ替えなどで新築の時のようにきれいにすることをリフォームといいますが、リノベーションというものもあります。リフォームは間取りなども変えずに、もとのままで壁や床をきれいにしたり設備の入れ替えを行うものですが、リノベーションは元々の住宅、建物の間取りや柱の位置を変えるなど、よりよいように改良してリフォームよりも大規模な工事が必要となります。例えば、以前は子供がいたので子供部屋を2、3部屋作ったり対面キッチンで子供の様子が見られるようにするなど子供中心の住宅だったものが、子供も独立していなくなり夫婦だけの生活になった時に、子供たち家族が集まりやすくするためにこまごました部屋の間仕切りをなくして広いリビングにしたり、お風呂やトイレを広々としたスペースに替えたりするなど、柱なども動かして間取りも変えてしまうよう大規模なリフォームをリノベーションーション」といいます。
今まで自分たちが住んでいた住宅をリノベーションーションする場合もあれば、お手頃価格の中古物件を購入して、自分たちのライフスタイルに合ったようにリノベーションーションするという場合もあります。

中古物件を購入してリノベーションーションする方が、新築の物件を購入するよりもコストがかからなくて済むということで、そのような住宅購入をしている場合も多くみられます。
一戸建ての場合は新築で購入する場合、自分たちで間取りなどを決める注文住宅という選択がありますが、マンションの場合はあらかじめ決められた間取りや設備で造られているので、必ずしも自分たちの好みに合ったものとは限りません。
かといって新築マンションを購入してすぐやしばらく後にリノベーションするというのはコストがかかりすぎてしまいます。
そこで、老朽化した中古のマンションを安く購入して、好みに合った間取りや設備にリノベーションするという住宅購入の仕方を選択する人も増えているのです。

築年数の経った建物でも中古マンションの場合は立地条件が良いところも多いということも「中古マンションを購入してリノベーションをする」という選択をする理由にもなっています。

















関連リンク

subpage02














会議室は、色々とある

会議室は、文字通り会議を行う部屋です。自社ビルを保有している企業であれば、当然のようにある部屋です。...

NEXT
subpage03














会議室を取る際の注意点

会議室を取る際の注意点についてお話します。仕事で会議を開くことは日常茶飯事です。...

NEXT