貸し工場を活用する事で得る事が可能な利点とは

subpage01

会社が新たな商品の開発を済ませ、発売に踏み切るためには、その新商品を大量に製造するための工場が必要になります。その際、新たな自社工場を建設してそこで製造するという方法がまずは考えられます。

自社工場を新たに造るとなると、会社にとって必要な場所に必要な規模の工場手に入れる事が可能です。
そうなると会社の流通網を考慮して、生産だけでなく流通にとっても有利な場所に製造工場を手に入れる事が出来ます。

お陰で滞りなく、製造した商品を全国に流通させる事も可能になる等、確かに自社工場を建設すれば、様々な利点を得る事が可能です。ただし自社工場を建設するというのは、同時に大きなリスクを背負い込む事にも繋がります。


というのも工場を建設するとなると、かなり広大な土地を購入する必要があります。
しかもある程度流通し易い場所に土地を購入する等、利便性を考慮すると、土地の購入費用はかなり高くなるケースが多いです。
同時に大量に商品を製造する工場となると、建物自体もそれなり大きな物を建設する必要があるため、建設費用の方もかなり高額となる可能性が高いと言えます。

この様に、自社工場を建設して用意するには、莫大な費用が掛かる恐れが高いです。
しかも工場を建設して、新商品の売り上げが良い場合は、まだ安心だったりします。ですが新商品が売れなかったり、売り上げが鈍ってしまい、生産が中止になった際には、工場の稼働を停止する事になります。
その際、自社工場であれば稼働を停止した工場に対しても維持費が掛かってしまうので、注意が必要です。

この様に、自社工場というのは膨大な初期費用に加え維持費が掛かるので、リスクがかなり高い選択だと言えます。


ですが新商品を製造するなら、もっとリスクを軽減出来る方法が存在しています。

それは、貸し工場を活用するという方法です。


貸し工場の多くは、工場を必要とする会社や企業の事を考慮し、工場があると便利な地域に多く存在しています。
なのでその中から、会社が希望する様な地域で、希望する規模の工場を探し出せるケースは少なくないです。

しかも貸し工場の場合は、既に存在している工場の中から選び出すので、土地を購入したり建物を建設するといった、膨大な費用も手間も必要ありません。
基本的に賃貸料を支払えば済むので初期費用が少ない上に、新商品の開発が終了したら、自社工場を建設するよりも短い期間で、新商品の発売に漕ぎ着ける事が可能です。


なので新商品が売れなかった場合のリスクが小さくて済むだけでなく、新商品の発売時期を逃す、といった失敗も避ける事が出来ます。更に貸し工場は、生産している商品の売り上げが鈍った際にも、安心です。というのも商品の売り上げが悪いと、生産する必要はなくなり、工場の稼働はストップする事になります。

ですが前記した様に、自社工場の場合、自社の所有物であるために、稼働を停止した工場でも維持費を支払い続ける羽目になってしまいます。ですが貸し工場ならば、稼働をストップした工場との契約を打ち切れば良いので、無駄が維持費を支払う必要はないです。



よく利用されている会議室の研修の情報ならお任せください。







http://top.tsite.jp/news/beauty/o/25050842/

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12186-00052899/

http://girlschannel.net/topics/554648/

関連リンク

subpage02














中古物件をリノベーションーションする

新築の住宅も年月が経つと老朽化してきます。汚れが取れなくなったり、色あせるなどの見かけの問題だけでなく、新しい機能の設備がどんどん出てくる中、機能的にも古く不便を感じることもあります。...

NEXT
subpage03














空室を埋めるためのマンスリー化

賃貸マンションを購入して経営を始めるとあっという間に満員御礼になって良いスタートを切れることはよくあります。初めてマンション投資をしようと考えたときには用意周到になっていて、マンション選びにも十分に時間と労力を費やし、これなら稼げると思ったものを手に入れているでしょう。...

NEXT